トップページ » あーめあーめ

2019年7月2日

 あーめあーめ


雨といえば
小さい頃よくお友達と
てるてる坊主を作っていた記憶があります。

次の日晴れてほしい為のおまじない。
私は最近知ったのですが
初めは顔は書かないのが普通なんですね。

本当に次の日晴れたら感謝をこめて
顔を書いてあげるそうで…

ですが、そもそもてるてる坊主の由来はなんなのでしょうか?
気になったので調べてみました。
二つ出てきたので今日は一つだけ。

 

ある年のこと、長く雨が続き、人々は難渋した。

「誰か、雨がやむ方法をしらないか」という為政者の声に
一人の僧侶が名乗り出て経を唱えたが
いつまでたっても雨はやまない。

「嘘つきめ」と、怒った為政者が僧侶の首をはね
見せしめとして首を布に包んでつるしたところ
雨が上がったという。

こうなるとてるてる坊主の坊主頭、雨合羽は僧侶の衣
そして姿はつるされた首とすべてが一致する。

 

なんだか怖い話ですが
何となく納得も出来てしまいますね。
日本に限らず世界にはたくさんの怖い言い伝えがあります。
童話なんかも基本的に怖いものが多いですが
子供たちが怖がらないように話が変わっているものも多いです。

ですが私たち今を生きる者はその真相を知り得ることは
不可能なのでだからこそ面白いのかも知りませんね。

それでは今日はこの辺で。

2019年07月02日 | ブログ新着情報 | 高山観光バス宮崎 @ 6:11 PM | | あーめあーめ はコメントを受け付けていません。

コメント&トラックバック

コメント

コメントを投稿

このページの先頭へ