トップページ » むこきゅう

  むこきゅう


最近ニュースを見ていても大体似たようなのばかりで
これについて書きたい!!と、思えるようなものが有りませんね
ちなみに芸能のニュースは苦手です(人を知らないので)
その手のニュースがやっていても
(この人だれ…)(あ、なんか見たことある人だ…)
っていう程度しか思わないので…。





バス関連のニュースを探そうと思って
見ていたのですが、ちょっと気になるものを見つけました( ゚Д゚)!
皆さんは「睡眠時無呼吸症候群(SAS)(Sleep Apnea Syndrome)」というものをご存知でしょうか?








医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。
睡眠時無呼吸症候群(SAS)によって生じる日中の眠気は、判断力・集中力や作業効率の低下を招きかねません。SASによる居眠りは仕事中や運転中にも悪影響を与えます。




去年の10月28日に横浜市であった路線バスが乗用車に追突して、乗客の高校一年生が1人死亡、そして乗客ら6人が重軽傷を負った事故がありました。
その後の調べで自動車運転罰則法違反(過失致死傷)の疑いでバスの運転手の男が睡眠時無呼吸症候群と診断されていて、治療中だったことが判明しました。
そういった事故も多くこの業界では特に問題視されている睡眠時無呼吸症候群ですが その他にも合併症の危険などもう書き出してみたら止まらないほどに色々ありますね。








睡眠時無呼吸症候群(SAS)は治療することもできて、生活習慣の改善、マウスピースや呼吸機器の装着、手術など様々な方法が有ります。
そんな中で見つけた記事に、書いてあったのは
「睡眠時無呼吸症候群(SAS)治療にはマウスピース(口腔内装置)を路線バス事故を受け、欧米諸国で一般的な治療法の日本国内での普及を目指し調査を実施」
といった内容の記事でした。
https://news.biglobe.ne.jp/economy/1114/atp_181114_0642475346.html




結構多いらしいですね睡眠時無呼吸症候群の方。
自分で気付くことができないっていうのが本当に怖いなと思います(´・ω・`)
少しでも手軽に治療できることがきるようになるといいですね。
なんて考えながら記事を読んでました(‘ω’)




この件について、もちろん当社でも問題視しております。
こうして防げるものは防いでいきたいですね。
事故、怖い。




なんかうまくまとまらなかったですが
今日はこの辺で失礼します(‘ω’)ノ

2019年02月27日 | ブログ新着情報| 高山観光バス宮崎 @ 5:40 PM|

このページの先頭へ