トップページ » Category:ブログ新着情報

【Category:ブログ新着情報】

  講習会


「高齢者の車内人身事故防止講習会」




がありました。
高齢者の身体機能や心理状況を理解するための疑似体験なども行いました(‘ω’)

視界はどの程度なのか
耳はどの程度聞こえるのか
階段の上り下りはどうなのか
など、高齢者の方について知る良い機会だったと思います(*’ω’*)




疑似体験中の様子




私個人の感想は
視界がとても悪いのに加えて時間経過とともに悪化して
全体的に白くぼやけて見えるのがとても怖かったです。
歩く時も下を見ながら出ないと視界が狭くて全く見えず
転びそうな不安と戦ってました。




正直、私も体験することになるとは思っていなかったのですが
遠いところから盗撮魔していたら誘われたので参加しました(*’ω’*)
(ちょっと楽しかったです)




その後全員で高齢者の特性や運転時の注意ポイントなどの
講習を受けました(*’ω’*)




講習の様子




これを受けて少しでも車内の事故などが減るといいな。と思います
とても有益な時間を過ごすことができました。




それでは今日はこの辺で失礼致します(`・ω・´)

2019年04月20日 | ブログ新着情報| 高山観光バス宮崎 @ 5:55 PM|

  おはなとそら


Twitterなんかはちょこちょこ更新する機会があるのですが
ブログとなるとなかなかゆっくり書く時間もなかったりして
更新できなかったです…(悔しい)




最近は新しい事務所も完成して皆さんが仕事を頑張っている中
ちまちまお引越しをしておりました(‘ω’)ノ
そんなことをしているとあっという間に夕方が訪れてしまうのですが
空がきれいだったので何となく撮ってみました(`・ω・´)









とても雨が降りそうですが…w
ついでだったのでカメラを持ってお散歩していたら
駐車場に藤の花がちらほらと咲いていました(*’ω’*)
調べてみたらシロバナフジという品種だそうで…








早く満開にならないかなぁなんて思いながら事務所に戻って
パソコンに取り込んでいました( *´艸`)
そんな藤は女性らしさの象徴と言われております!
香りが強く、嫋やかに咲く藤は
古来から女性らしさの象徴と考えられてきました。
対して厳格で力強い印象の松は
男性らしさを表現した樹木とされ、
日本画や古典文学ではしばしば藤と松がセットで登場します。
「枕草子」では「めでたきもの」として
「色合ひ深く、花房長く咲きたる藤の花、松にかかりたる。」
と語られています。男性にしなだれかかる
女性の姿が目に浮かんでくるようですね(*’ω’*)




そんな白藤の花言葉は「可憐」「恋に酔う」「あなたを歓迎します」「懐かしい思い出」です。
白は清楚で可憐なイメージがあります。また、懐かしい思い出もイメージさせます。「懐かしい思い出」は、かつて共に過ごした人に、懐かしさを込めて贈る時にふさわしい花ことばです(‘ω’)




お花。綺麗ですよね。
でも自分で育てようと思うとなかなかうまくいかなくて
でもそれが良いのかもしれませんね。
それでは今日はこの辺で失礼いたします(`・ω・´)ノ

2019年04月13日 | ブログ新着情報| 高山観光バス宮崎 @ 7:04 PM|

 


やっと春らしい気温になってきましたね( *´艸`)
天気も良く気持ちよかったのでカメラをもって事務所の外に出てみたら
駐車場に桜が咲いていました🌸








だいぶ葉桜になっていますが、(春だったんだなぁ)なんて思っていました
その周辺を見渡してみるとタンポポなんかも咲いていて
ゆっくりお花見したいなぁ…なんて…笑




もちろん、バスの写真も撮ってきました(`・ω・´)
色ももちろん目立つ色ですが
遠目で見ても横に乗ってるファルコンはかっこいいな
と、思いカメラを向けました(‘ω’)








いかがでしょうか?
時代に乗るとするならば
#ファインダー越しの私の世界
といった感じでしょうか??

そういえばインスタグラムもしているのですが
どんな写真を上げたらいいのか
コメントはどんな風に書けばいいのか
私にはわからないので
それっぽくやっていきます(‘ω’)ノ
よかったらのぞいてみてくださいね!!!




Instagram




それでは今日はこの辺で失礼します(`・ω・´)

2019年04月06日 | ブログ新着情報| 高山観光バス宮崎 @ 10:49 AM|

  内装~


ここ数日本当にあっという間に一日が終わってしまって
(時間足りないなぁ…)なんて思うこともしばしば。
そしていつも、何か忘れている気がして
でも何を忘れてるのかも忘れてしまって
何とも言えない感情に見舞われます(´・ω・`)
まぁきっと大したことではないんだと思うんですが…笑




今日はバスの写真を一台ずつ撮っていました(*’ω’*)
車庫に入っているので正面と内装のみだったのですが。
タイミング良くサロンとビールサーバーになっている車両があったので
(これは今しかない!)と思い写真撮ってきました(`・ω・´)












宴会気分で旅行できるのは羨ましいです( *´艸`)
この車両は中型なのですが結構ゆったりした
雰囲気があるな~なんて思っていました|д゚)




それでは今日はこの辺でっ(‘ω’)ノ

2019年04月05日 | ブログ新着情報| 高山観光バス宮崎 @ 5:34 PM|

  お知らせ


今日はお知らせがございます(`・ω・´)
主に旅行会社様へ向けてなのですが
当社もバスバンクの登録を始めました(‘ω’)ノ
















詳しくはこちらのページをご覧ください|д゚)
バスバンク




それでは今日はこの辺で失礼致します(`・ω・´)

2019年04月04日 | ブログ新着情報| 高山観光バス宮崎 @ 6:31 PM|

 






朝夕本当に冷え込みますね。
「新年度寒波」というそうで。
明日の夜には上空の気温はほぼ平年並みまで回復する見込みで
その後は冬モードから春モードへと変わるそうです(*’ω’*)




本っっっっっっ当に寒かったですね(´・ω・`)
寒すぎてあったかい服装探してきたのに
今度はまた暖かくなるのですね…気温が多忙で困ります 笑




皆さんはお花見に行かれましたか?
車で走っているとそこら中に桜が咲いていて
寒いけれどとても春を感じますよね(‘ω’)
やっぱりカメラ欲しいなぁ…買おうかなぁ…
なんて考え始めて1週間経ちました(多分買いません)




天気も良くて日中は日が当たってぽかぽかして
桜が綺麗に咲いている道中をバスで旅行している方々が
少しばかり羨ましく感じた今日の午後でした
それでは今日はこの辺で失礼します( *´艸`)

2019年04月03日 | ブログ新着情報| 高山観光バス宮崎 @ 5:48 PM|

  新元号


新年度を迎えました。
そんな今日はエイプリルフールであり
新元号発表の日でもあります。
天皇退位よりも前に発表されるのは初めてだそうで。。。

新元号発表されましたね。

「令和」

今某SNSではエイプリルよりも新元号よりも
令和18年はどうなってしまうのか騒がれています。
確かに。。。と思ってしまいました(‘ω’)

そんなことはさておき、新元号について少し触れていきましょう。








これまで新元号は中国の古典より出典されていましたが
今回の「令和」は、万葉集から出典されたそうです。




万葉集』の「巻五 梅花の歌三十二首并せて序」にある




初春の月にして、気淑く風ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す。




より  
Wikipediaより







令和の出典となる「令月」は「めでたい月」という意味。 「令」は形容詞で用いると、「美しい・立派な」となります。




こうしてみると良い言葉のようで安心しました。
令和の令は命令の令を思い出させてしまって嫌な気がしていたんです…




さて、来月から令和元年が始まります。
気持ちを新たに頑張っていきたいですね(*’ω’*)
それでは今日はこの辺で(‘ω’)ノ

2019年04月01日 | ブログ新着情報| 高山観光バス宮崎 @ 12:25 PM|

  良き


調べてました。
「ラッピングバス」
いや…とても良いですね(‘ω’)

そして幅広い。良き。

一世を風靡した「あの花」「北斗の拳」「おそ松さん」
知る人ぞ知る「ガルパン」「ラブライブ」

アニメ好きの血が騒ぎます( *´艸`)

その地域のゆるキャラだったり
食べ物、風景。様々なものがありました(‘ω’)
限定されてるものってどうしてこんなに
心が躍らされるのでしょうか??




うちのバスもいつかこういう感じの
「ラッピングバス」ができたらいいなぁ
なんて考えてました。




それでは今日はこの辺で

2019年03月19日 | ブログ新着情報| 高山観光バス宮崎 @ 5:41 PM|

  問一


前も見えない雨が それぞれの道 照らしてた
駅へ送ってゆくよ 最終電車 去ってしまう前に
ハンドルの向こうに続く
きみのいない人生へと急ぐよ このまま
きみは傘の雫と みじかいため息 ふっと残し
ふりかえりもしないで すぐ階段に 消えてゆくのだろう
トレンチの背中を伸ばし
ちがう人に見えたならば
涙に にじんで ぼやけて 流れるけれど
強くなる もっと強くなれば 忘れずにいられる
つらくても きっとあとになれば やるせなく思える
駅へ送ってゆくよ ひとつの恋に終りを告げるよ
ミラー越しに
前も見えない雨が 別々の明日 包んでた
鍵ならかえさないで 二人のドアは もう開かないから
信号が変わるたび めくる
なつかしい風景 まるで
ポスター みたいに 破ってしまいたいけれど
強くなる もっと強くなれば 失くさずにいられる
つらくても きっとあとになれば 美しく思える
駅へ送ってゆくよ ひとつの恋に終りを告げるよ
ミラー越しに
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




これは、松任谷由実の詩で、まさに男女が
別れる間際の心情を表したものである。
これは男女どちらの立場で描かれたものであるか?
またそのように考える根拠を、詩中の言葉を使って
説明しなさい。







という内容の記事が武井観光さんのブログにありました。




頭を抱えながら3度読み直しました。
「ひとつの恋が終わるとき」という曲の歌詞みたいですね。
聞いたことがないので完全に詩を見ただけで回答してみようと思います。




正味どちらともとれる気がします。
「前も見えない雨が それぞれの道 照らしてた」
なんてそれが最後の機会なら男女とも思っていそうじゃないですか
きっと終電に間に合うように送ってもらう車内でお互いに前を向いていて
会話もない、そんな情景なのかな。なんて
「美しく思える」「涙ににじんでぼやけて消える」なんて感性は女性かもしれないし、「駅へ送ってゆくよ ひとつの恋に終りを告げるよ ミラー越しに」なんてのは見る人によっては男性に見える。
そんな気がします。
なので私の答えとしてはどちらとも取れる。
ただ、単純に切ない詩なのかな、と。思ったのですが
“人生”という長い目で見たらたったひとつの恋。なのかもしれなくて
それはポジティブに受け取ることのできる詩なのかもしれませんね。




色々考えが巡ってまとまらなくてうっかり長くなってしまいました。
だらだらとすみません(´・ω・`)
詩に込められた意味。なんてのは「正解」はないですものね
その人の感性なんかで変わってくると思います(*’ω’*)
でも武井観光さんはどのように考えてるのか気にもなる…
続編希望しながら今日もブログを覗いていたのはここだけの話です|ω・`)ちら




そういえばTwitter再開しました(‘ω’)ノ
Instagramも始めました。
よかったら見ていってもらえると私は喜びます( *´艸`)

それでは今日はこの辺で(‘ω’)ノ




みなさんはどのように考えますか?
よかったら教えてくださいね( *´艸`)







2019年03月18日 | ブログ新着情報| 高山観光バス宮崎 @ 6:50 PM|

  ほん。


ブログを書こうと思って開いたはいいものの
風が強いですねぐらいしか思い浮かばなくて悲しい気持ちになりました。




そういえば最近読みかけだった本がやっと読み終わりました。
本を読み始めると止まらなくなるほうでできるだけ話しかけられない
一人だけのタイミングで時間も気にせずに読み漁りたいタイプです。
少し前に映画化されて話題になりましたよね




スマホを落としただけなのに
ネタバレはしたくないので本を読んだ感想でも。








読み始めて視点がくるくる変わりながら進むストーリーが
はじめは読みにくくて辛かったです。
(途中で止めるとどんな話だったか思い出すのが大変だったので)
ですが、読み始めると中々止まらなくなって
最終的に3つ同時に進んでいた話がまとまるんですよね。
正直犯人が分かった時声を出して驚きました(‘ω’)
(予想してなかったその人が…?!)
とても面白かったです。

劇場版の配役をみて(この人がこの役か…)
と思いながら見ていたのですが
正直劇場版とても気になります( *´艸`)
機会があったら見てみることにします(*’ω’*)




続編もあるそうで
今日帰りにでも本屋さんに寄ってみようかなって思っているところです(‘ω’)
本屋さんではよく立ち読みをしている方を見かけますが
私は本屋さんでは大体のあらすじと表紙しか見ません。
正直本を選ぶ時も表紙と作者でしか決めていません。
表紙を見て(あ、面白そうだな)って思った本のあらすじをサラッと読んで
(これは…買いかな…いやでもうーん…)なんて悩みだします(*’ω’*)
だって読み始めてしまったら気になって最後まで読みたくなるので…




さてさて、書き出したら止まらなくなるし本屋さんにも行きたくなるので
今日はこの辺で失礼します(‘ω’)ノ

2019年03月17日 | ブログ新着情報| 高山観光バス宮崎 @ 3:52 PM|

このページの先頭へ