トップページ » そこには「夏」がいた

2019年7月25日

 そこには「夏」がいた


感受性なんて個々で違うとは思うのですが
朝起きて外に出ると夏の匂いと夏の音
そして焼けるように痛い日差しを感じて
ノスタルジックな気持ちになりますよね。

学校帰りに汗だくで食べてたアイスクリーム
橋の上から飛び込んで遊んでいた田舎の川
濡れてそのまま自転車を押して帰った夏の夕方
浜辺や川辺でしたバーベキュー

記憶の奥底にしみついている学生時代の記憶は
この先何十年経っても忘れることはないでしょう
あの頃のように楽しさだけで時を過ごすことは
これから先訪れない気がするので。

もっと細かい表現をするのならば
あの頃は時間も周りもその後の事も
何一つ気にすることもなく
ただひたすらにその瞬間を一生懸命過ごしていました。
怒られることが分かっても楽しいことをみんなとしたい
それだけの理由で。
それが今となっては周りのことも
その後することもあったりして
常に何かを気にしている気がするんです。

きっとそういう事が段々と増えていくので
人はそれを大人と呼び、過去が良かったと嘆くのでしょうね。

なんて。
たまには柄でもないことを書き綴ってみました。

夏は好きです。
いや、夏も好きです。
今年はどんな夏を過ごすのでしょうか。

 

#ファインダー越しの私の世界

ふわふわなかき氷でも食べに行きましょう。
それでは今日はこの辺で失礼します(`・ω・´)

Twitter
Facebook
Instagram
YouTube

2019年07月25日 | ブログ新着情報 | 高山観光バス宮崎 @ 10:11 AM | | そこには「夏」がいた はコメントを受け付けていません。

コメント&トラックバック

コメント

コメントを投稿

このページの先頭へ